まちづくり協議会
(旧:まちづくり連絡協議会)とは

名古屋都心にある錦2丁目地区は長者町繊維問屋街を中心にかつては活気のある街でしたが、繊維産業の衰退や人口減少とともに町全体が個性と活力を失いつつあります。その一方で、風俗産業の侵食や軽犯罪の多発など町の治安と風紀の悪化も懸念されています。 そのような状況の中で、地域の事業者や住民が中心となり、まちに魅力を取り戻すことを目的とする「錦二丁目まちづくり協議会(旧:錦二丁目まちづくり連絡協議会)」を2004年に立ち上げました。2011年には「錦二丁目まちづくり構想・総合計画2030」(マスタープラン)を策定、まちづくりを進めています。

名称
名古屋・錦二丁目まちづくり協議会
(旧:名古屋・錦二丁目まちづくり連絡協議会)
所在地
名古屋市中区錦二丁目13番1号 宮本ビル4階
(NPO法人まちの縁側育くみ隊内)
TEL・FAX〈052〉201-9878
設立年
2002年(正式発足 2004年3月)
 
代表者
会長 堀田勝彦
 
設立目的
住民が住む理想のまちを実現するために、仲間が交流・連携し、住民・行政・専門家のパートナーシップにより錦2丁目全体として、より良いまちを育んでゆくこと
活動内容
1.会員相互の交流促進に関すること
2.会員への情報提供に関すること
3.行政機関との協議・調整に関すること
4.錦2丁目全体の街づくり提案及び関連する制度やルールの協議・検討
5.各街区のまちづくり協議会等との連絡調整
6.上記に関連した広報・イベントその他の目的達成に必要な事業
Placeholder image

マスタープラン

Placeholder image Placeholder image Placeholder image

pdfダウンロード




Copyright © 2006 錦2丁目まちづくり協議会,All Rights Reserved.

名古屋長者町織物協同組合/NPO法人まちの縁側育くみ隊
問合せ先:052-231-6047